List of all related columns

List of all related columns / 関わりのあるブログを一覧でまとめてみました

 

thee old circus / 俺がやってる洋服ブランドのブログ

. Novel thee old circus "product story" and "blog" page

  • Awaken and dream / 目を覚ましたままに夢を見る


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 02:14

    Awaken and dream.   「目を覚ましたままに夢を見る」   “ GUERNICA ”       ライダースだとかなんだかとか。 革ってもんが好きなことに理由などどこにもないし、その想いがどこへも行かないというだけのこと。 墓場までも。 そんな想いを文字通りに「描いて」作り出した。   大ごとに考えすぎるのは自分の性格であり、信念でもある。   特段それがどうこうってことはない。   […]

  • 9-9301 _ Dying Fascist


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 01:59

    9-9301 Old Name 「 Dying Fascist / 瀕死のファシスト(象徴=馬)」 グレイブ・ホースレザー ダブルミラーライダースジャケット Price // 20,000yen + tax Material Horse Leather -100 Lining / C-97,Pu-3 Finish SPRAY WASH FINISH Color / Size OLD BLACK / 0 , 1 , 2 , 3 ,                              

  • 9301 _ Epita


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:58

    9301 Old Name 「 Epita / エピタ(磔刑に処されたキリストを抱くマリア)」 ワイドストライプ×シャドーチェック ドレープネックロングシャツ Price // 26,000yen ( +tax ) Material(Japan made textile) E-65 , R-35 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 ,                                

  • 「暴かれた世界」Abakareta Sekai


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:33

    Abakareta Sekai.   「暴かれた世界」   “ GUERNICA ”       9月に吹く風があり、10月に吹く風がある。 どちらもそれはただの風だ。 でも、その風の中に含まれる匂いや空気は少しづつ違う。 バームクーヘンの層のようにそのひとつひとつは絶妙に入り組んでいてその歪みのない風は僕の心を少しづつ歪ませていく。   […]

  • 9331 _ Bomb rain


    by theeoldcirdcus on 2019-09-18 at 03:33

    9331 Old Name 「 Bomb rain 」 ” Distortion high neck Front zip long cut-and-sew ” Price // 25,000yen ( +tax ) Material (Japan made) Cotton – 73 , Pe-23 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 , Details Point. ・Distortion high neck ・Long front

 

Garage eden / 俺がやってる洋服屋のブログ

Garage EDEN Thee old circus , incarnaiton , Juvenile Hall Rollcall , select shop.

  • 「好きなモノを着ること」は「自分自身を生きること」(最高ライダース)


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2019-12-11 at 23:32

    復活の狼煙のごとく まだね、完全復活とは言い切れないですが前回のブログから少しづつ色々なことを取り戻していけそうな「兆し」を得ている。 ようやくと写真の整頓なども少し出来てきて、つまりは準備が出来始めてきた。 […]

  • leather cape


    by Kominami Masato コミナミ マサト on 2019-12-11 at 11:22

    今朝は、先日のブログでもチラっとご紹介させていただきました ハーレーカスタムショップ A.M.F ACKEY MOTORCYCLE FACTORY さんにまたまたお邪魔してまいりました。 やっぱり03年までのナローな883いいですね。 ン 見覚えのある883が 笑 Oさま号 Oさま号を眺めながらコーヒーをいただいて戻ってまいりました。 A.M.Fさんと、これから一緒に?何かやるかもしれません。 (できればとおもっております。やらないかも...

  • 存在感溢れるサルエルパンツ ( incarnation 20S/S )


    by Konno Hiroshi コンノ ヒロシ on 2019-12-11 at 02:20

    “incarnation”から20SS新作パンツの入荷です。 本日は”incarnation”から20SSの新作パンツが僅少ですが入荷しましたので、少しご紹介したいと思います。 incarnation / インカネーション / 32071-6472WF W/PKT W/SNAT PACK PANTS(Garage eden exclusive model) [T91 / BLACK] &n...

  • incarnation NEW / HOODED RAGLAN SHORT SLEEVE


    by Kominami Masato コミナミ マサト on 2019-12-09 at 11:10

    本日は、店のオープン前に 山口市阿知須まで。 本日移転オープンされたハーレーカスタムショップ A.M.F ACKEY MOTORCYCLE FACTORY さんへ行ってまいりました。 新しく店舗をお建てに。すごい。 素敵なお店の画像アップしようとおもっておりましたが お客様がいらっしゃり撮っておりません。 (また、お邪魔する予定ですので次回撮ってまいります) 基本ハーレーですがシングル、ツイン(4発以外)はOKとのことですので 行きつけ...

  • 真夜中3時・・・恵比寿店久しぶりの投稿です(今週からギアアップが出来ると思っております)


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2019-12-08 at 18:02

    随分とご無沙汰で申し訳ない   思えば色々とありまして、どうにもこうにも更新が出来ない日々が続きました。 実のところ、今は真夜中の3時。 このブログでさえ昼間(日曜日も朝9時に出社して開店前までに色々と仕事はしていたのですが)のうちに下書きまで書いていたのだけれど更新までは至らず。。。 夜の間は寝るのが当たり前なのは分かっている。 […]

 

ciliegio / フラワーセラピスト

 

 

 

 

パンク寸前(本当に全然書く暇がなくて心が潰れそう) / 暑すぎるし・・・(雑記諸々)

本当に全然書く暇がなくて心が潰れそう

 

昨日は店としてのインベント。

店としてのイベントを2週間続けて、その為の準備に他の仕事もこなしながら1ヶ月以上の時間が掛かったのでそういった諸々のことも込めて全然全くどうしようもなく果てしなく時間が足りなくなってしまった。

・・・

昨日も自宅へと戻ってきたのは深夜の1時を越えていて、お風呂に入ってからまだ生ぬるい風に当たりながらベランダで煙草を1本吸って3時かそのくらいにようやく寝た。起きたのは6時の少し前。

目が覚めてしまう。

時間が足りないときっと本能的にも思っているのだろう。

 

「書く」ということは「自分自身への自己療養」だと思っている。

 

書くこと自体でお金を貰っている訳ではないし(つまりこれはプロではない)ある意味ではただの趣味的な要素ではあるけれど、書くということでPCで言うところの俺は俺の頭のキャッシュをクリアしているのだと思う。

開放とか放電というのにも近いのかもしれない感覚。

ただし、忙しい時には良い文章(と言っても元々ずっと稚拙な物書き)など書けるはずもない。

そこにはインプットがないからアウトプットに良い文章など生まれるはずもないのだ。

 

インプットを施す時間が足りない今のような時には、堆く蓄積された心の内側の塔のような中から手探りでなにかを掴み出し、それを言語という言葉のカタチへと置き換えてみるだけのこと。

 

でも不思議なことにタイプライト(でも実は右の手首はすでに腱鞘炎を発症しているので長い時間最近はタイプライトをすることが厳しいのだけれど)をしているとなんだか自分の心が救われていくような「気がする」のだ。

つまり要は「気」なのだ。

病は気からの気であり、元気の気であり、気配の気である。

じわりと自分に忍び寄ってくる恐怖心という気配を振り払うように俺はなにかにすがるように文章を書くのだろう。

書くことを辞める日。

それはまた終わりを指すのだろう。

 

 

真面目風に写真を撮るとこんな感じ。

自分でデザインをした洋服と自分の店で。

洋服だなんてもので人の心が変わることなどないと思っている。

でも、洋服に向き合うその人の姿勢や想いは人の心を変えると信じている。

そのツールであり、カウンターの上に載る珈琲のような存在。

 

それが俺にとっての洋服。

 

週末まで。

そうしたら1ヶ月ぶりの休み。

料理がしたい。

ワン子供と浜辺に行きたい。

 

今日も空は高いまま。