List of all related columns

List of all related columns / 関わりのあるブログを一覧でまとめてみました

 

thee old circus / 俺がやってる洋服ブランドのブログ

. Novel thee old circus "product story" and "blog" page

  • Awaken and dream / 目を覚ましたままに夢を見る


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 02:14

    Awaken and dream.   「目を覚ましたままに夢を見る」   “ GUERNICA ”       ライダースだとかなんだかとか。 革ってもんが好きなことに理由などどこにもないし、その想いがどこへも行かないというだけのこと。 墓場までも。 そんな想いを文字通りに「描いて」作り出した。   大ごとに考えすぎるのは自分の性格であり、信念でもある。   特段それがどうこうってことはない。   […]

  • 9-9301 _ Dying Fascist


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 01:59

    9-9301 Old Name 「 Dying Fascist / 瀕死のファシスト(象徴=馬)」 グレイブ・ホースレザー ダブルミラーライダースジャケット Price // 20,000yen + tax Material Horse Leather -100 Lining / C-97,Pu-3 Finish SPRAY WASH FINISH Color / Size OLD BLACK / 0 , 1 , 2 , 3 ,                              

  • 9301 _ Epita


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:58

    9301 Old Name 「 Epita / エピタ(磔刑に処されたキリストを抱くマリア)」 ワイドストライプ×シャドーチェック ドレープネックロングシャツ Price // 26,000yen ( +tax ) Material(Japan made textile) E-65 , R-35 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 ,                                

  • 「暴かれた世界」Abakareta Sekai


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:33

    Abakareta Sekai.   「暴かれた世界」   “ GUERNICA ”       9月に吹く風があり、10月に吹く風がある。 どちらもそれはただの風だ。 でも、その風の中に含まれる匂いや空気は少しづつ違う。 バームクーヘンの層のようにそのひとつひとつは絶妙に入り組んでいてその歪みのない風は僕の心を少しづつ歪ませていく。   […]

  • 9331 _ Bomb rain


    by theeoldcirdcus on 2019-09-18 at 03:33

    9331 Old Name 「 Bomb rain 」 ” Distortion high neck Front zip long cut-and-sew ” Price // 25,000yen ( +tax ) Material (Japan made) Cotton – 73 , Pe-23 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 , Details Point. ・Distortion high neck ・Long front

 

Garage eden / 俺がやってる洋服屋のブログ

Garage EDEN Thee old circus , incarnaiton , Juvenile Hall Rollcall , select shop.

  • incarnation / Vestというアイテムの概念を覆す1枚


    by John Morishita ジョン・モリシタ on 2019-10-17 at 11:43

        こんばんは、ジョンです。 この頃は気温も大きく下がり、先月とは打って変わって肌寒くなりどことなく冬の始まりを予感させる時期に入ったように思います。 特に本日は雨も降っていることからより肌寒さを感じる1日でしたのでアウターの存在は必須ですね。 流石に暑がりな私でも本日はやや肌寒いと感じておりましたので今日は久しぶりに軽めのアウターを羽織って出勤しております。 […]

  • 至高のレザーダブルライダース、その成長を記す。


    by Konno Hiroshi コンノ ヒロシ on 2019-10-17 at 10:10

    一生、そして墓まで連れていって欲しいという想いを込めて 作られた”Grave Horse Leather/ グレイブ・ホースレザー。   このレザーをベースに作られたダブルライダース。       古びたマインド / キャッシュレス還元の今だからそれもオススメ>>> (“Thee OLD CIRCUS”デザイナー ウラノ氏からも紹介されています)   ...

  • newcomer /  the last conspiracy


    by Kominami Masato コミナミ マサト on 2019-10-16 at 11:50

    本日はブログでご紹介するのを忘れておりましたブーツを。 今シーズンよりGarage EDENに加わりました footwear brand   the last conspiracy の フロントジップが特徴的なショートブーツとなります。 これまでウチで、Garage EDENで、展開のなかったタイプのブーツになるかとおもいます。 素材にはたっぷりのオイルが浸透したきめ細かな肌質としなやかな質感を持つ ステアレザーが使用されております。 ...

  • オンラインストアにて待望の新作をアップ致しました (Thee OLD CIRCUS) / 荒井 貴裕 氏による絵画個展のご案内


    by Konno Hiroshi コンノ ヒロシ on 2019-10-15 at 10:18

    先週末、姫路店は通常通り営業をしておりましたが、台風の状況によっては閉店時間を 早めようかと考えていたところ、台風が当初の予定よりも進路が外れ、当日は悪天候に見舞われず 1日を過ごすことができました。   ありがたいことに来店の予約を頂いたり、急遽仕事が休みになったとのことでわざわざ足を運んで頂いたりと たくさんのお客様にご来店頂けました。   […]

  • 台風が過ぎ去って・・・/ ご連絡をくださった皆様本当にありがとうございます。


    by John Morishita ジョン・モリシタ on 2019-10-14 at 10:23

      こんばんは、ジョンです。 一昨日全国的に猛威を奮った台風が過ぎ去り、各地では甚大な被害が発生しているそうで大変心苦しく思います。 私共が住まう東京では大きな被害こそなかったものの少なからず窓が割れたり(私の自宅がまさにそうでした)、警報が鳴り響き続ける不安な時間を過ごしていたかと思います。 […]

 

ciliegio / フラワーセラピスト

ciliegio-fiore.com チリエージョ フラワーセラピー

 

 

 

 

今日のサモア戦を勝手に予想+プレー以外の部分を見るともう少しラグビーが好きになるかもしれないって話

勝手に日本 – サモア戦を予想(当てたら褒めてね)

 

点数で言うと

32 対 12

で勝つんじゃないなぁ。(さらに理想はサモアを1トライ以内で抑えること)

内訳的には

日本は20(4トライ)+6(3ゴール)+6(2ペナルティゴール)あたりで、前半が2ペナルティゴール+1トライ、後半で3トライとかが理想かな。

いや、結構これ希望だね。予想ってよりは。

サモアってねぇ、結構強いのよ。

気をつけないといけないのはバックスだとスタンドオフ(10番)のトゥシ・ピシの出来栄えと左サイドのウイング(11番)の選手までキレイにボールが渡るとちょっと嫌な感じ。前半は特に日本のバックスからのキックが中心になると思うのでそこでの競り合いや抜け出してくる両ウイングへのディフェンスがとても大切だろうね。(そうなると日本のフランカー(6,7)のディフェンスの役割もだいぶ見どころ)フォワードはもちろんポテンシャルはあるから要注意だけれど、組織力と持続性、戦術のバリエーションは決して多くはないからそれを上手に抑え込めればもちろんだけれど大きな勝機があると思う。

まぁしかしどんな形であれ今日は絶対に勝たないといけない(決勝トーナメント進出に向けて)し、これで勝ったら予選プールの最終戦であり、前回大会で負けた(んで、それによって決勝トーナメントへ行けなかった)スコットランドが相手というなんとも前回大会も見ているラグビーファンとしてはもうドラマチック過ぎる展開でもあると言えます。

昨日なんかは予選プールBの南アフリカとイタリア戦があって順当に南アフリカが勝ちました。日本はプールAというところに今は居て、予選を突破出来ると次の決勝トーナメントではこのプールBの1位と2位との勝負(日本がいるプールAの1位とBの2位、Aの2位とBの1位が対戦)になる訳ですが、プールBはこのまま順当に行くと1位がニュージーランドで2位が南アフリカってことになりそうで、そうなると日本はこの予選プールを1位と2位どちらで通過出来るのかは大きなところ。

これは予想をふっ飛ばしてただの長年の理想で言えば、日本はこのまま今日のサモアに勝ってそのまま最後のスコットランドにも勝つ。そうすると全勝は日本だけなのでもちろんプールAの1位通過。プールBからは南アフリカが勝ち上がってきて南アフリカとしては4年前に日本に負けたリベンジ戦(W杯手前のテストマッチですでに日本は一度負けてるけど)となるけど、日本はまさかのここでも勝ってしまう。そうすると準決勝はイングランド、ウェールズ、オーストラリアあたり。そんでそんでそこで勝てば決勝・・・最後の決勝ではやっぱりニュージーランドとかと対戦とかだったら震えちゃうよね。

色々と考えればラグビーっていうものの存在を知ってから観戦とかも含めて30年以上一応見続けてきて(もちろん途中途中結構離れた時はあるけれど)たぶん俺が生きている間では日本でのW杯は最初で最後だと思うし、そういう意味でもなんだか特別な時間でもありそういった奇跡があってもいいなぁと願っていたりもしている訳です。

 

まぁ、なによりも楽しみながら観れば良いし出来れば日本戦以外も観ると面白いです。

どのチームにもそれぞれの色があり、それぞれのプレースタイルがあったりする。

不思議なほどそれは伝統的に何十年も引き継がれていたりしてフランスならシャンパンラグビーって言われてて細かいパス回しを得意としたスタンス(でも今回は開催が日本で湿度も高くてボールが滑ったりとかもあってそういうのが戦術としてちょっと合わない、キツイとか)だったり、フィジーあたりはフィジアンマジックと呼ばれる個人技がすごかったり(オリンピックなどに採用されている7人制ラグビーとかではフィジーは抜群に強い)、総合的に圧倒的に常にバランスが良いのはニュージーランドだったり(ソニー・ビル・ウィリアムズとかやっぱり今回大会も魅せるプレーが垣間見れてなんだか嬉しかったなぁ)、イングランドはフットボール生まれのキレイなキックスタイルなどが強かったり(ジョニー・ウィルキンソンっていう伝説のキッカーが居たんだよ)とかとか。時代も監督も違う。もちろん選手も違うのにその国伝統の戦い方やスタイルなどは進化をしながらどこかで残っていたりするのがまたこういう風に国別対抗的なW杯の見どころだったりするのではないかと俺は思っています。

 

で、もう一つこんなところを見るともう少しラグビーが好きになるかもしれないって話を少し。

プレー以外の部分

 

ラグビーでは実はトライのあとやキックのあとにあんまり喜びを表現しない。(もちろんある程度はするよ)

時間ギリギリで最後の最後とかっていうプレーだったら別だけれど、トライのあとにお祭りのように騒いだりはあまりしないのに気づいて欲しい。

分かりやすいのは前回の大会で有名になった五郎丸くんとか今回だとキッカーを務めている田村選手など。ペナルティゴール(相手の反則でのキックで3点)やゴールキック(トライのあとのコンバーションキックと呼ばれる2点が入るキック)を蹴ったあと「すっすっす〜」と言った感じで入っても入らなくても自分のチーム側へとゆっくり走って戻っていくんです。入ったからと言ってガッツポーズもないし(ちょっとだけ手をグッとしたりはする人いるけど)大袈裟なことはしない。

これはあくまで「役割」だという紳士(真摯)な姿勢感です。

トライにしてもトライを取った選手が観客の方へ走っていったりとかはほぼない。

どちらかと言えば味方がゴールへ向かって「どどどーっと」っと来て、トライを取った人を輪に少し抱擁したり頭を叩いたり。

これも同じ「役割」という認識。

例えばフロントローと呼ばれる1,2,3番やロックの4,5番などは試合中にボールを持つことがあっても、基本的にはちょっとした距離を突進して相手にぶつかったりすることが多くそのままトライに持ち込めるシュチュエーションというのは非常に少ない。(2番のフッカーは堀江とかならまだありえたりはするけど)これも役割として相手のディフェンスを崩す為の突進や陣形を壊す為の攻撃で、こういったことを攻める中で繰り返していくことで隙間が生まれたりしてそういった部分からボールを外側へ出したりしていって最後の最後に「別の誰か」へ渡ってその選手がトライを決めるっていうこと。つまりはその為の流れを作るためにボールを繋いでいく役割。

今回の大会だと日本は初戦のロシア戦で3トライと取った松島(こいつはとにかくとにかく高校時代からずば抜けていたもん)やアイルランド戦で話題になった福岡とかすごく分かりやすく見えるけど彼らはトライを取るトライゲッターというある種の役割(昔の選手だと大畑大介とか吉田義人とか←古いか!?)なんだよね。

ちょこちょことテレビでも繰り返しでトライシーンが映ったりするからそういうのでも分かるけど、アイルランド戦での左隅に福岡がトライを決めたシーンとかなんてフランカー(6番)の姫野(この試合ではナンバーエイトのマフィが途中負傷してしまったからその後はポジションとしてはエイトに入っていたけど)がゴール前の密集からしっかりとゲイン(前へと抜け出ること)したこととそのすぐあとに姫野へのフォローで入ったロック(5番)のムーアの献身さのあるサポートでその数メートルを押せたことでバックスへ球をキレイに展開出来る形になってスクラムハーフの田中からキレイにパスがセンターの中村に届いて、<ここから重要>この中村が左隣りにいた松島を飛ばしてその外側のラファエレへパス〜ラファエレのハリーパス(持った瞬間に次のパスを投げること)が最後の福岡に渡ったことでトライが生まれた。

 

あ!YouTubeにちょうど良い画像があったので貼っておきます。(2分ちょうど辺りからのシーンね)

 

 

これなんかは典型的で中村が飛ばしのパスでなく松島へパスをしていたらちょっとまだ崩しきれなかったと思うし、ラファエレのハリーパスが一瞬でも遅れたら(これはラファエレがちょくちょく試合全体で見せる器用なパスさばきを見るとまた面白い)タックルに入られて(実際ラファエレ本人はパスのあとに相手にタックルをされて倒されている)福岡へボールは渡っていない。

そして福岡はトライのあとにすぐに立ち上がってみんなの元へと走り出し、みんながそれを迎えて称える。

そういうことをみんなが認識して意識して常にその心を持ってプレーをしているから個人が喜ぶというシーンはあまりないのです。

ね、ちょっと素敵でしょ?

もちろんトライを取った選手やキックを蹴る選手は花形なので目立ったりするし取り上げられやすいけど、実はそのトライの為にしっかりと献身的にプレーをしている選手を見るととても面白いのです。今の日本だとやっぱりリーチ・マイケル(思わずマイケル・リーチと逆読みしてしまう人(あとルーク・トンプソンもね)はそこそこ前からのラグビー好きですね)やマフィ、堀江などは絶対的にそういった意味で大切な動きをいつもしています。前回大会だと優勝したニュージーランドのリッチー・マコウとかね。

 

さてさて、そんな訳で今日の夜も楽しみですな。

今日は試合時間まであれこれと事務仕事・・・もう書類が溜まって超ストレスです。

快勝してくれたらだいぶ気分が良くなりそうな予感です。(笑)