List of all related columns

List of all related columns / 関わり(僕が作った)のあるHPを一覧でまとめてみました

 

thee old circus / 僕がやってる洋服ブランド

— ” Thee old circus ” Web Site

 

Garage eden / 僕がやってる洋服屋

— ” Garage eden ” Web Site 

— ” Garage eden ” Web Store

 

Ciliegio Fiore / フラワーセラピスト

— ” Ciliegio Fiore ” Web Site 

— ” Ciliegio Fiore ” Web Store

 

Kurayoshi Ohira Animal Hospital / 倉吉おおひら動物病院

— ” Kurayoshi Ohira Animal Hospital ” Web Site

 

Let’s / ペットケアサービス “レッツ”

— ” Let’s ” Web Site

 

 

 

 

Data

Category
命の預かり / 3.11 “くるみ”

命の預かり / 3.11 “くるみ”

だいぶ間が空いて   朝に起きて。 朝まで仕事。 そんな日々が続いている。 あぁ、今年もロクに南三陸へ通うことが出来そうにはない。 特別な日 それが毎日 預かった命と共に     (Camera – Leica – M TYP240 / Lens – Leica – Noctilux 50...
急に書いたり サボったり 僕は

急に書いたり サボったり 僕は

勝手な自分らしく   もっとゆっくり時間が在ればという言い訳を繰り返す とは、言え誰のためでもない。 だから、 と、言い訳。 はるか昔、時間は無限のように感じた。 今はそうではない。 たったそれだけのことなのかもしれない。 自分のため。 いつだって、そんなわがままの人生。     (Cam...
本の世界に意味をつけることは 自由

本の世界に意味をつけることは 自由

勝手な自分   「いつも」 心はわがままで 自由と言えば肯定されるわけでもないけれど 本が好きだ 別に読書家でもなんでもなく その世界に意味をつけることは自由だから 逃避と呼んでも良い なんでもいい それがたぶん僕が想う勝手な自由     (Camera – Sony – α7R2 / L...
心の天気 いつか晴れた日に 僕は

心の天気 いつか晴れた日に 僕は

空の天気のように   晴れる日 曇る日 雨の日 いろいろある ふっと霧が晴れて視界が広がるようなこともあればその逆もしかり 晴れているのに土砂降りの雨の中であることもしばしば 足元は濡れている 朝露のあとのように 足を踏み出すかどうか たったそれだけのこと 心の天気     (Camera...
本望 と 本能

本望 と 本能

突き動かされるままに   いろいろと ない頭の隅っこまでをフルスロットル でも 実はあんまり考えていない 忙しいことは本望であり 頭や手足を動かしているのはきっとただの本能 「もう無理かも」 よく思う 昨日の電話 「いや、でもウラノくんはきっとずっとそのままだよ」 求めているはずのこと 目指しているはずのこと...
結構 なんだか 嫌われる

結構 なんだか 嫌われる

なんだろうね   たぶんだけれど もともとそういう性質の命なのかなと思ったりする よくよく考えることもなく単純に昔からそういう感じ ざっくりと大体の理由も分かるような気もするし わからないような気もする 別に良い たぶんそれが最大理由なのかな 僕の側はなにも歩み寄ること無いから仕方もないし それが嫌だとかそれ...
どうでもいい 書き物を続ける 理由

どうでもいい 書き物を続ける 理由

そんなものは別にない   それが答え 自分のために書いているだけだから もし、万が一そんなものがどこかで勝手に誰かのためになれば別にそれはそれでいいけれど あくまでどこまでも自分のため そしてそれは書き物だけでなく、写真も、仕事も、人生そのものもすべて 僕は他人のためにはなにも出来ない 全ては自分のため わが...
ふるい むらさき いろ の 世界で 俺は

ふるい むらさき いろ の 世界で 俺は

時の洗礼を信じている   古いものが好き 掲載している写真もボディはそこそこ新しくてもレンズはいつも古いもの バイクは70年も前のエンジン 車は・・・ちょっとだけ古い 読む本は2000年代も読むけれど、基本は90年、80年、70年代(それ以上だと流れ的にすこし読みづらいものもあるのでそこはまた別) 音楽も同じ...
線引きの ない 人生

線引きの ない 人生

そこに縦や横の線があるならば   仕事 と 私事 そこに線はなく 僕にとっては全ては同じ線上にあるとも言えるのかもしれない 私事での映画が仕事に繋がり 私事での音楽の琴線が仕事に繋がる そういった意味でもどこかで切り分けられるほど器用ではなく すべてが入り混じった人生でもあると言える それが嫌なら雨傘を片手に...