List of all related columns

List of all related columns / 関わりのあるブログを一覧でまとめてみました

 

thee old circus / 俺がやってる洋服ブランドのブログ

. Novel thee old circus "product story" and "blog" page

  • 9331 _ Bomb rain


    by theeoldcirdcus on 2019-09-18 at 03:33

    9331 Old Name 「 Bomb rain 」 ” Distortion high neck Front zip long cut-and-sew ” Price // 25,000yen ( +tax ) Material (Japan made) Cotton – 73 , Pe-23 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 , Details Point. ・Distortion high neck ・Long front

  • Floating rust / 浮いた錆


    by theeoldcirdcus on 2019-09-18 at 03:14

    Floating rust.   それはつまり、「浮いた錆」   “ GUERNICA ”       体の中から浮き上がってくる「錆」が在る。 そしてそれは心の中から生み出される。   歩くということは生から死へ止めることの出来ない歩みを進めるという揺るぎなき絶対的事実であるということ。   つまり、人は、命は生まれながらに日々錆を増やしていくのだ。   赤い錆、青い錆、茶の錆。   錆の色も様々だ。   ただし、それは時に美しく無二の錆。   […]

  • 9332 _ 349777 canvas


    by theeoldcirdcus on 2019-09-12 at 03:26

    9332 Old Name 「 349777 canvas 」 ” Cut and sewn on Guernica campus ” Price // 15,000yen ( +tax ) Material (Japan made) Cotton – 73 , Pe-23 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 , Details Point. ・Separate cloth on the back ”

  • The song is over, but the melody is still going on / 唄は終わった、でもメロディはまだ続いている


    by theeoldcirdcus on 2019-09-12 at 02:14

    The song is over, but the melody is still going on.   唄は終わった、でもメロディはまだ続いてる。   “ GUERNICA ”     「ゲルニカ」というテーマ。   テーマなど必要なのかと考えることもある。   答えなどどこにもなく、在るとするならば在れば良いし無題であればそれも良い。 […]

  • The end is the beginning / 終わりは始まりであるということ


    by theeoldcirdcus on 2019-08-31 at 04:19

      The beginning and end of all life. In other words. The end is the beginning.   全ての命の存在する始まりと終わり。 つまりは。 終わりは始まりであるということ。   “ GUERNICA ”           ”革” とはそういったものかもしれないと思うのだ。   命の「あと」で在りながらもそこにはまた「新しい」命として生き続けるのだから。   だからこれは始まりなのだ。

 

Garage eden / 俺がやってる洋服屋のブログ

Garage EDEN Thee old circus , incarnaiton , Juvenile Hall Rollcall , select shop.

  • JUVENILE HALL ROLLCALL / 独特な感性と視点で構築された1枚


    by John Morishita ジョン・モリシタ on 2019-09-23 at 09:47

      こんばんは、ジョンです。 めっきり秋の匂いがするここ数日。 日頃選ぶ服装にもようやく秋冬物のアイテムを着用することが出来て、ファッションが一番楽しい季節に入ったのだなと感じ毎日の服選びが楽しみですね。 当店では秋冬物のラインナップも充実してきており、多くの新作アイテムを皆様にご提案させていただいております。、 […]

  • Thee old circus Official Web Site の話 / これからの話


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2019-09-22 at 01:00

    Thee old circus Official Web Site コレクションページが更新されました   Garage eden という店において主要であり、脚元とも言えるブランド「thee old circus」のオフィシャルサイトが更新されています。 時々更新されている「ブログ」や個別アイテムひとつづつにフォーカスを当ててデザイナーの言葉で綴っている「product story」などのコンテンツの他に今季のコレクションを...

  • バツグンの着回し力 ドレープネックロングシャツ


    by Kominami Masato コミナミ マサト on 2019-09-21 at 12:16

    本日は、ちょっとクセありとおもわれる方もいらっしゃるかもしれませんが 意外とさらっと着ていただけこれ1枚あると何通りもの着こなしが楽しめ使いまくれますよという オススメな逸品ドレープネックのロングシャツをご紹介させていただきたいと思います。 9301ワイドストライプ×シャドーチェック ドレープネックロングシャツ […]

  • 「Thee OLD CIRCUS-9」相棒と呼ぶに相応しいレザーダブルライダースについて


    by Konno Hiroshi コンノ ヒロシ on 2019-09-20 at 10:26

    なんだかこの2、3日でまた季節が進んだように思えます。 夜は半袖だと寒いくらいでしたので、急遽レザージャケットを羽織ってみたりと。 やはり、この秋の入り口でちょっとレザーを羽織ったりできると、 すごくテンションが上がります。 タンクトップや半袖Tの上からレザーを羽織るくらいが一番好みです。 レザーと合わせる時はそのくらいが最高にカッコいいのではと思っています。 皆さんはいかがでしょうか? […]

  • Thee OLD CIRCUS -1973 – / 今時期に提案したいデザインカットソー


    by John Morishita ジョン・モリシタ on 2019-09-19 at 10:15

      ここ数日は一気に風も涼しくなり、街中を歩く人の服装も多くが半袖から長袖にシフトチェンジしているように感じます。 とはいえ相変わらず東京では突発的に気温が真夏日あたりまで上昇することもあり、日々どういう服を着用しようか考えることも多くなってきました。 気温が安定しないこの時期の服選びは本当に難しいですよね。 […]

 

ciliegio / フラワーセラピスト

ciliegio-fiore.com チリエージョ フラワーセラピー

 

 

 

 

俺と単車と生き方と(本日は「君はバイクに乗るだろう」撮影をして頂きました)

君はバイクに乗るだろう

実のところ、単車に乗る暇がずっとなくて心はヤキモキしていたところ。

連絡があったのはつい先日のこと。

「ウラノくん、ザス!撮影大丈夫?」

兄弟分からの紹介でそのうち撮影自体のお呼ばれがあることは知っていて「週末でも大丈夫?」と言われたので『事前に言って貰えたら大丈夫ですよ』とお返事。で、返ってきたのは「うん。今週末ってどう?一応・・・事前(笑)」、『たしかに・・・事前っすね。(笑)大丈夫っすよ』

・・・

相手は「君はバイクに乗るだろう」の編集者であるSAKASHITAさん

初めましてにしては相当にラフな感じで今日の撮影の予定が決まり、5月にして30℃を越えるという異常なほどの暑さの東京で撮影をしてもらいました。

午前中、芝浦ふ頭近くのコンビニで待ち合わせをした。

久々にまともに動かすうちの母ちゃんの2コ年下の俺の単車(51年型パンショベル_ハーレー)

Camera & Lens _ FUJIFILM X100F (All photograph)

前々日になって(というか言われたのがさっきも書いたけど数日前だからバタバタ)一応オイル交換(エンジン+ミッション)をして、試しに帰り道で乗ってみた。当日ぶっつけで朝になって『すんません!エンジン掛かんねぇっす』っていうのも困っちゃうと思ってさ。(ちなみにあっさりエンジンは絶好調に掛かるし元気だったけど、タイヤの空気が抜けすぎでスタンドまでの道のりですでに死にそう(カーブが曲がれん)になったり、キャブのセッティングがズレまくってて途中でカブりまくったり小さなトラブルはあったけど)

で、キャブのセッティングに不安があったもんだから待ち合わせの時間よりも早めに出て待ち合わせのコンビニについたらちょっとセッティングをし直そうかって思ってて時間の30分前くらいに着いたけどSAKASHITAさんはすでに着いていて「おーい!こっちこっち!」って手を振ってくれた。

「ザス!どもー!初めまして!」とSAKASHITAさん(ザス!が口癖)

『ザス!ザス!お願いします』と俺。

5月にしては異常な暑さの中での撮影でした

コンビニの冷たいコーヒーを奢ってもらいながら二人でダラダラと話しをした。

なんだろう。

初めて逢った感じがあんまりしない。

俺が企んでいる今後のこととかも少し話して(いつか実現出来そうになったらまたここにも書くよ)「いいじゃん!やりなよ!俺にも相談してね」とか言って貰ったり。

最高だったのは「俺はBJC原理主義者」ってところかな。

まぁ要するにそこが同じマインドだったらやっぱり違和感なんてないんだよ。それってなんだか素敵なことだし、ある意味では便利なこと。そう、まさしくなんだよね。やっていることや立ち位置とか年齢とか世代とかあれこれと違うことはあってもね、その原理だけが分かっていれば全てOKでどんな奴だってきっと最初から握手が出来るってことなんだと改めて思った。んで、

じゃぁ、そろそろ行きますかってなことでお互いにバイクに乗って近くの撮影場所まで移動。

普段の通勤にも使う道のすぐ脇でさ、ついこの間バンクシーの絵があったんだか(本物かどうか知らんけど)どうだって場所の辺りでレインボー・ブリッジの下って感じかな。

パシャパシャっと小気味の良いシャッター音を聞きながら撮影をしてもらって1時間くらいで終了。

 

ちょちょいっとまた少し立ち話で盛り上がってから、

「じゃぁまたねー!」って言って次の現場へ向かっていった。

撮影者を撮影してみる(笑)

 

撮影してもらった記事は今年の秋発売予定の号になるそうです。だいぶ先なのでまたその時になったら告知入れますわ。

 

単車がある生活と生き方と

別にね単車(つまりバイク)なんか無くたって生きていける。

そんなのは当たり前。

むしろ単車なんか持っていなければその分当然お金も掛からないし、安全や便利さだったら車や公共機関の方がいいだろうし。

つまりある意味での無駄なんだと思うし、過剰なモノの1つ。

でも俺はこいつを愛してる。

なにより楽しい。

生きてんだよね。

そして自分自身が生きてることを感じさせてくれる。

エンジンが廻り、マフラーが奏でるその音は間違いなく命の息吹の声でありまさしく命の鼓動だと思う。

別にこれが無くたってきっと生きることは出来るだろうけど、その人生ってもっと色が薄いものになるのだと思う。ただの趣味って言えばそれまでだけれど俺にとってはこいつってのはもっと大きな意味と意義を持っている。ただ走るだけのバイクなら他にもいくらでもあるだろうけど、こいつじゃなきゃダメなんだよね。(他のバイクも持ってはいるけどこいつだけはやっぱり特別)そして他の人に対してバイクに乗りなよなんて別に言わないけど、興味があれば乗ってみればいい。乗ってみてなにも感じなければ乗らなきゃいいだけのこと。たったそれだけのこと。

洋服も単車も俺だったら他には料理や写真やワン子供や仕事。

どれを選んでもどれを選ばなくても別に生きてはいけるんだろうけど、どうせなら楽しくて素敵な人生のがいいじゃん。純粋に少しでも毎日が濃くて楽しい為に生きてるし「人生って暇つぶし」って思っているからだったら最高な暇つぶしの方が良いと思ってる。

もし万が一、興味を持ったなら(ゼロからイチへ)相談してみてください。

俺で出来ることなら話くらいは出来ると思います。

 

最後に

正直まだまだ模索中。

なにがってこのサイトに関して。(笑)

書きたいこととか伝えたいこともいっぱいあるんだけど、意味のないことをただ吐き出していてもこれまた意味がないしどうしたもんかなって。おかげさまでショップの方のブログへも書いたせいかちょいちょいとはアクセスはあったりするんだな。

なにをどのくらいのペースで書いていこうか。

・・・

でもサイト自体の全体のデザインをもっとこうしたいとかあれこれやったりすると記事を書く時間よりデザインに時間を取られたり。まだまだ悩みは多いけど、なるべくもっとペースアップして書いていこうと思います。しいて言えばあっちへ書いて、こっちへ書いて+デザインして+手書きの手帳やあれこれ・・・俺の手首と指先の関節が保つか心配です。(汗)すでに去年くらいからは完全な関節痛、腱鞘炎の症状が出ているんでね。