List of all related columns

List of all related columns / 関わりのあるブログを一覧でまとめてみました

 

thee old circus / 俺がやってる洋服ブランドのブログ

. Novel thee old circus "product story" and "blog" page

  • Awaken and dream / 目を覚ましたままに夢を見る


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 02:14

    Awaken and dream.   「目を覚ましたままに夢を見る」   “ GUERNICA ”       ライダースだとかなんだかとか。 革ってもんが好きなことに理由などどこにもないし、その想いがどこへも行かないというだけのこと。 墓場までも。 そんな想いを文字通りに「描いて」作り出した。   大ごとに考えすぎるのは自分の性格であり、信念でもある。   特段それがどうこうってことはない。   […]

  • 9-9301 _ Dying Fascist


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 01:59

    9-9301 Old Name 「 Dying Fascist / 瀕死のファシスト(象徴=馬)」 グレイブ・ホースレザー ダブルミラーライダースジャケット Price // 20,000yen + tax Material Horse Leather -100 Lining / C-97,Pu-3 Finish SPRAY WASH FINISH Color / Size OLD BLACK / 0 , 1 , 2 , 3 ,                              

  • 9301 _ Epita


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:58

    9301 Old Name 「 Epita / エピタ(磔刑に処されたキリストを抱くマリア)」 ワイドストライプ×シャドーチェック ドレープネックロングシャツ Price // 26,000yen ( +tax ) Material(Japan made textile) E-65 , R-35 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 ,                                

  • 「暴かれた世界」Abakareta Sekai


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:33

    Abakareta Sekai.   「暴かれた世界」   “ GUERNICA ”       9月に吹く風があり、10月に吹く風がある。 どちらもそれはただの風だ。 でも、その風の中に含まれる匂いや空気は少しづつ違う。 バームクーヘンの層のようにそのひとつひとつは絶妙に入り組んでいてその歪みのない風は僕の心を少しづつ歪ませていく。   […]

  • 9331 _ Bomb rain


    by theeoldcirdcus on 2019-09-18 at 03:33

    9331 Old Name 「 Bomb rain 」 ” Distortion high neck Front zip long cut-and-sew ” Price // 25,000yen ( +tax ) Material (Japan made) Cotton – 73 , Pe-23 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 , Details Point. ・Distortion high neck ・Long front

 

Garage eden / 俺がやってる洋服屋のブログ

Garage EDEN Thee old circus , incarnaiton , Juvenile Hall Rollcall , select shop.

  • 10/27 _ After After _ 命のバトン /


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-07-10 at 04:52

        終わりなきモノ旅 それが大切   ひとつの旅。 洋服屋だとか店だとかそういうのもそうだし、生かされている命そのものももちろん。 モノがこの世に生まれて死ぬまでの時間。 時にきっと人間という命よりもモノの命の方が長生きであることも多々あるだろう。 例えば古着屋で買い手を待つ洋服たち。 アンティーク、ヴィンテージと呼ばれる作品等々。     向かって写真右は「ビフォー」左が「アフター...

  • 9/27 _ 1/3 あっという間に _ そしてリミット /


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-07-09 at 02:35

        驚きの反響で   実のところ。 今週は壮絶な週となりました。 月、火、水という週の前半の3日の間の予定が間近、当日になって大きく激変する予定変更の連続で心身ともに限界なほどに疲労が蓄積。 今日、木曜日。 今ブログを書いているけれど、さすがに1週間ぶりの1日だけ休みを貰っている。 休みと言いながらこのブログを書く。 我ながら、仕事バカであることは言うまでもなく。   まぁ、休みなのでさらりと...

  • SR CLUB


    by Kominami Masato コミナミ マサト on 2020-07-08 at 09:03

    昨日のウラノさんブログ 幸せの足音 めちゃめちゃいいなと思いました。 (僕には出てこない) 足音鳴らして、もっとカッコつけた素敵な店 目指します。   本日は、週末にご来店くださいましたYさまのSRを。 (ご興味のない方、すみません)   日曜の夕方、いい音したバイクが近付いてきてるなSR? もしかしてと思いましたらやはり😎 福岡 LAMP CYCLEさん製作のフルカスタムSR  VMX系カスタムの実...

  • TRIO


    by Konno Hiroshi コンノ ヒロシ on 2020-07-07 at 09:15

    TRIO / Garage EDEN   先日のブログでもお伝えしましたように”Garage EDEN”は7/26(日曜)を以って解散することになりました。 それに伴ってHimejiの実店舗、及びオンラインストアは一旦クローズさせて頂きます。 今後の動きや再スタート時期についてはまた決まり次第このブログやSNS等でお知らせさせて頂きますのでチェック頂けると幸いです。   一応今はっきりしている...

  • 7/27_Footsteps of happiness /


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-07-07 at 00:07

        Footsteps of happiness   なんだかね。 一昨日の姫路店の店長、KONNOくんのブログ。 昨日アップしていた宇部店のKOMINAMIさんのブログ。 当たり前ですが胸が熱くなる言葉だった。   1人のライブ。 日曜日の午後に1時間くらい俺1人でただしゃべっているYouTubeがあります。 そこで、自分なりに少し話しました。     55分くらいのとこ...

 

ciliegio / フラワーセラピスト

 

 

 

 

今日という日は / 「あの日のこと」

今日という日は

 

まず、随分とこのブログをサボっていてなんだか情けないような気がする。

自分にとっての書くということの意味や意義。

それが沢山在るにも関わらず、その画面から逃げ出そうとしている自分。

ただ、もう一つ。

実のところ数ヶ月前から右の手首が痛い。

最初は一時的なものだと思って、いやそうきっと思いたかったのだと思うけどどうやらそうではないらしく膝や顎の痛みと同様に(つまりそれはある種の古傷と呼ばれるもので検査を受けても異常は見つからないが当人には常について回る痛み、鈍痛であったりする)日々の中で思い知らされる。

自分の中ではリズムが存在する。

カタカタとそれは羊たちが牧草を一定のスピードを持って食べるように。

痛みでリズムが止まる、崩れる。

それは俺にとってはとても不快なこと。

とりあえず今は薬局に売っていたクリームを塗って様子を見ながら。

そんな日常。

 

話。

 

あの日のこと

 

まだ当時はバンド(もちろん遊びのレベル)なんてのをやっていて、それは仕事を終えていつも通りのルーティンで仲間内の音楽スタジオで練習を始めた矢先のことだった。スタジオのオーナーが入ってきて「おいおいおい、アメリカがえらいことになってるぞ!」と言った。

彼は表現豊かなアルコール中毒者でもあったから俺たちはまぁ、『いつものことだね』って言って放っておいた。

彼は言った。

「いやいや、お前らねぇ今日のは違う!本当にすごいぞ!」

そんな彼の言葉もいつものことだから俺たちはそんな言葉も放っておいて吸いかけの煙草が灰になるのを待ってからまたスタジオでの遊びに戻っていった。

何度目かの休憩で煙草を吸いながら、一人が車に戻ってカーナビゲーションでテレビをつけた。(まだ当時はナビにテレビがあるのは珍しかったし、携帯電話だって今で言うガラケーが当たり前のだったな)

テレビではペンタゴンに突っ込む飛行機の映像が繰り返して報じられていた。

『あいつが言ってたのは今日は本当だったんだな』

 

バンドの練習をしていたのは毎週火曜日と金曜日だった気がするから曜日はきっとそのどちらかだったように思う。

18年前の出来事。

今日という日はそういう日。

MAGNUM(マグナム)の彼らが撮った写真をその後に見た。

あの絵はきっとずっと焼き付いて頭から離れない。

 

言葉の無力を感じた。

同時に言葉の強さも感じた。

 

あの日という区切りはきっとまた俺というそのものの形成になっている。

また書けるように。

また進めるように。

Secured By miniOrange