List of all related columns

List of all related columns / 関わりのあるブログを一覧でまとめてみました

 

thee old circus / 俺がやってる洋服ブランドのブログ

. Novel thee old circus "product story" and "blog" page

  • Awaken and dream / 目を覚ましたままに夢を見る


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 02:14

    Awaken and dream.   「目を覚ましたままに夢を見る」   “ GUERNICA ”       ライダースだとかなんだかとか。 革ってもんが好きなことに理由などどこにもないし、その想いがどこへも行かないというだけのこと。 墓場までも。 そんな想いを文字通りに「描いて」作り出した。   大ごとに考えすぎるのは自分の性格であり、信念でもある。   特段それがどうこうってことはない。   […]

  • 9-9301 _ Dying Fascist


    by theeoldcirdcus on 2019-10-05 at 01:59

    9-9301 Old Name 「 Dying Fascist / 瀕死のファシスト(象徴=馬)」 グレイブ・ホースレザー ダブルミラーライダースジャケット Price // 20,000yen + tax Material Horse Leather -100 Lining / C-97,Pu-3 Finish SPRAY WASH FINISH Color / Size OLD BLACK / 0 , 1 , 2 , 3 ,                              

  • 9301 _ Epita


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:58

    9301 Old Name 「 Epita / エピタ(磔刑に処されたキリストを抱くマリア)」 ワイドストライプ×シャドーチェック ドレープネックロングシャツ Price // 26,000yen ( +tax ) Material(Japan made textile) E-65 , R-35 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 ,                                

  • 「暴かれた世界」Abakareta Sekai


    by theeoldcirdcus on 2019-10-02 at 00:33

    Abakareta Sekai.   「暴かれた世界」   “ GUERNICA ”       9月に吹く風があり、10月に吹く風がある。 どちらもそれはただの風だ。 でも、その風の中に含まれる匂いや空気は少しづつ違う。 バームクーヘンの層のようにそのひとつひとつは絶妙に入り組んでいてその歪みのない風は僕の心を少しづつ歪ませていく。   […]

  • 9331 _ Bomb rain


    by theeoldcirdcus on 2019-09-18 at 03:33

    9331 Old Name 「 Bomb rain 」 ” Distortion high neck Front zip long cut-and-sew ” Price // 25,000yen ( +tax ) Material (Japan made) Cotton – 73 , Pe-23 Finish Hand Washed FINISH Color / Size Dust Black / 0 , 1 , 2 , 3 , Details Point. ・Distortion high neck ・Long front

 

Garage eden / 俺がやってる洋服屋のブログ

  • ペットボトル / NEWS


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-09-23 at 08:40

    連休明けで本来であれば今日から仕事復帰の予定でしたが、自分事で大変申し訳ありませんがもう数日引き続きお休みを頂いております。   復帰次第こちらのブログなどでお伝え致します。   通販の発送がその分遅くなって申し訳ござい Read more

  • 大切なこと / 22日までお休み


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-09-17 at 02:27

    若い頃には当然なのかこんな風に思うことはなかった。 大切なこと。 その数は減ったということがきっと正しい。 厳密に言えばそれは減ったというよりは、残り時間をぼんやりと考えている中で純化していった結果、絞られたというべきか Read more

  • 出来ることは精一杯 / サンダルソールカスタム事例


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-09-16 at 03:11

      お買い上げ頂いた方のリクエストで ソールのカスタムです。 せっかくなので皆様へ向けての事例としての参考にもなればと思い掲載します。   ボディは incarnation のサンダルブーツ。 元々のベースボディはレザー Read more

  • VIBES MAGAZINE / 雑誌掲載


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-09-15 at 04:30

    なんでかかんでか。 ここ数ヶ月の間に同じ雑誌に何度か掲載して頂いて、今回はその中でもちょっと長時間ロケでの撮影インタビューの部分を載せて頂きました。   しかも・・・   ・・・   実の兄と一緒(笑)   俺より4つ歳 Read more

  • 思いがけず / キャンセルが出ましたのでご報告


    by Urano Takahiro ウラノ タカヒロ on 2020-09-14 at 07:55

    速報をお知らせ致します。   「これは!」   という方にお送りをしましたが、少し事情がありキャンセルとなりました。(イケると踏んだちょっと僕のサイズ感の読み違えなので反省・・・)     まさしくラスト1点のみ。 サイ Read more

 

ciliegio / フラワーセラピスト

 

 

 

 

RECENT ARTICLES

帰路という岐路

帰路という岐路

  帰る道とその場所   「岐路と帰路」 最初にそういうタイトルにしてみたけど、ふと思って「帰路という岐路」へ変えた。 岐路は分かれ(別れ)の道 帰路は帰り道   分かれ目があるとした時、人生や時の中で迷った時「家」に向かって帰りたいと思った。 それは例えば辿り着くことの出来ない帰り道だと...
空の下 / 今日は「みるく」のバースデー

空の下 / 今日は「みるく」のバースデー

    あ〜気持ちが良さそう   空の色は不思議だ。 夏には夏の色。 冬にはちゃんと冬の色になるのだから。   そんな当たり前のことをファインダーのこちら側から考えてしまう。 撮り溜めた写真。 全然現像する暇も、ゆっくり眺める暇もない。 でも、目の前に大切な命が居てくれる。 可愛...
なんでもない / それこそ

なんでもない / それこそ

  続く足跡   いつもバタバタ。 ずっと。 きっとこれからも。 歩くカミさんについて歩くこどもたち。   そんな足跡が   いつまでも続くことを願いながら。     Camera _ fujifilm X-100f _ fujinon / 千葉県九十九里浜 ...
2020.03.19 _ I love Kamisan

2020.03.19 _ I love Kamisan

  出来れば木曜日くらいはせめて   木曜日というのはカミさんの休みの日で、週末もカミさんは休みだけれど週末は僕は店の営業があるので可能であれば木曜日くらいは休みを取りたいとも思う。 けれど、実際はなかなかそういう訳にもいかず、今年なんてのはどうしようもなく忙しさの風が吹いていて3ヶ月が過ぎようとし...
2020.3.11

2020.3.11

2011.3.11 – 2020.3.11   「家族」 そんなものを持てたことはあの日があったから。 どうしようもなかった日々を救ってくれたのもこの日で在った。 あの日のこと。 ぼんやりとしか憶えていない。 渋滞の隙間となんとか抜けて単車を走らせた。   『危ないから来なくていいよ』 ...
朝の4時(夜とすれば28時でも俺はいい)

朝の4時(夜とすれば28時でも俺はいい)

明け方   好きなもの _ 歪んだ丸み 眠れない朝 最後のステージ   嫌いなもの _ いびつのない世界 眠れない夜 出来上がったばかりの床     朝の4時というのは不思議な時間。 早すぎる朝だし、遅すぎる夜とも言えるから。 時々というには定期的にある眠ることの出来ない通り道。...
特別な日を越えて

特別な日を越えて

しばらく前のことにはなるけど結婚記念日を迎えました     camera _ sony α7 R2 / lens _ leica summicron 50mm f2   今月の頭くらいのこと。 文化の日。 結婚記念日だった。 どうやらあっという間に7年という時間が経った。   自...
星の向こう側にある橋

星の向こう側にある橋

特別な星   「そういう風に見えたもの」 それが自分にとっての本当のことであり、本物なのだと考える。 それが例えば自己都合、身勝手だとしても。 自分の目、自分の手、自分の足、自分の心。 触れたもの(それは時に実際に手が届かない想像の世界だとしても)が全てであり、僕という存在においてはそれは僕以外の世界ではない...
鏡の中の世界

鏡の中の世界

こちら側とむこう側   CAMERA_R72 LENS_Distagon_35mmf2   暗がりの中を歩いている。 心も体も。 鏡のこっち側にいる世界と、鏡のむこう側にいる世界。 ふたつの世界はパラレルになっていて、それはきっとどちらも本当に世界なのだ。 「在る」 在るのか無いのかを決めるのも自分...